Scroll

Artist

Mokuma Kikuhata

菊畑茂久馬

Introduction
Coming soon
美術家。長崎県生まれ。1941年(昭和16)に福岡市に移り、1953年福岡県立中央高校を卒業。1956年「第24回独立展」に立体派的な油彩画『二人』を出品して入選し、翌1957年に個展(岩田屋百貨店、福岡)を開催した。同年に発足した、地域の生活や文化に密着した美術表現活動を目ざすグループ「九州派」に参加し、1958年には第10回読売アンデパンダン展(東京都美術館)に出品。1960年に「九州派」を脱退し、同年「洞窟派」を結成した。  1961年には初期の代表作「奴隷系図」シリーズを開始。同年の「現代美術の実験」展(国立近代美術館)で発表した同名の作品は、金箔などを貼った2本の丸太を並べ、片方に男根状のものを突き刺して雌雄の対として象徴化し、そこに無数の新品の5円玉をばらまくオブジェ作品である。きわめて呪術的で土俗的な欲望が露わになっており、それまでの絵画作品における平面イメージの構築から、物質のもつ触覚性と事物のもつ実在感を、立体作品=インスタレーションとして表現した。この作品はスキャンダラスな評判を呼んで、既成の芸術観念を否定・破壊するネオ・ダダ運動や、「反芸術」ともいわれる、日本の1960年前後の表現傾向を代表する作品の一つとなった。1964年に「ルーレット」シリーズ、続いて「植物図鑑」シリーズを開始、日常を取り巻く事物の属性を切り離し、それらの単純化した記号性に注目していく。その事物の機能とイメージとの乖離(かいり)を、物体を三次元的に集積し、アッサンブラージュの手法によって表現する、「オブジェによる絵画」ともいえる方法を生み出した。それは個人の記憶や内省的思考が凝縮したものだが、表れた作品のイメージは「土着的なポップ・アート」といった印象がある。  1960年代後半より大小のオブジェ制作に集中し、それを写真に撮りシルクスクリーンで版画化した作品集『天動説』を1974年に出版。1983年以降油彩を中心とした大画面の連作絵画「天動説」や「月光」「海道」などのシリーズを制作し、1996年(平成8)に「天河(てんかわ)」を発表、以後シリーズの大作群を世に問う。これら大作連作はオブジェ作品や版画においても探求した、事物性とイリュージョン、また平面性とイリュージョンとの関係を、絵画の画面で総合させたものである。オブジェを平面に飲み込み、絵肌に吸収させるというオリジナルな手法は、高い評価を得た。  1965年に「新しい日本の絵画と彫刻」展(ニューヨーク近代美術館)、1968年「現代日本美術・蛍光菊」展(ロンドンICAほか)、1986年「前衛芸術の日本1910—1970」展(ポンピドー・センター)などに出品し、1988年に「菊畑茂久馬——新作と回顧」展(北九州市立美術館)、1998年「菊畑茂久馬:1983—1998天へ、海へ」展(徳島県立近代美術館)などの回顧展を催した。また『フジタよ眠れ——絵描きと戦争』『天皇の美術——近代思想と戦争画』(ともに1978)ほか、多数の著作がある。 [高島直之] 『『フジタよ眠れ——絵描きと戦争』(1978・葦書房)』▽『『天皇の美術——近代思想と戦争画』(1978・フィルムアート社)』 · 1956年 第24回独立展(東京都美術館) · 1957-1962年 九州派に参加(1960年洞窟派結成のため一時離脱) · 1962年 個展(南画廊/東京) · 1964年 個展(南画廊/東京) · 1965年 New Japanese Painting and Sculpture(サンフランシスコ美術館、ニューヨーク近代美術館他) · 1965年 第2回長岡現代美術館賞展(長岡現代美術館/新潟県長岡市) · 1967年 九州・現代美術の動向展(福岡県文化会館) · 1969年 第3回九州・現代美術の動向展(福岡県文化会館) · 1970年 美学校(東京)講師〈~2001〉 · 1974年 菊畑茂久馬版画展〈天動説〉(画廊春秋/東京 他) · 1978年 『フジタよ眠れ』出版(葦書房/福岡市)、『天皇の美術』出版(フィルムアート社/東京) · 1979年 菊畑茂久馬版画展〈オブジェデッサン〉(天神アートサロン/福岡市) · 1980年 雑誌『機関』(東京)復刊、以後不定期で17号(2001年)まで刊行 · 1981年 テレビ番組「絵描きと戦争」(RKB毎日放送/福岡市)のシナリオと構成を担当 · 1981年 菊畑茂久馬の版画“オブジェデッサン展(福岡市美術館) · 1981年 1960年代―現代美術の転換期(東京国立近代美術館・京都国立近代美術館) · 1982年 『戦後美術の原質』出版(葦書房/福岡市) · 1983年 現代美術の動向II 1960年代―多様化への出発(東京都美術館) · 1983年 菊畑茂久馬展 油彩天動説連作(第一部)(東京画廊/東京) · 1984年 菊畑茂久馬展(天画廊/福岡市) · 1984年 第3回東京画廊ヒューマン・ドキュメンツ’84/’85(東京画廊) · 1985年 日本現代絵画インド展(ニューデリー国立近代美術館/ニューデリー) · 1985年 現代美術の展望’85―FUKUOKA 変貌するイマジネーション(福岡県立美術館) · 1985年 再構成:日本の前衛芸術1945-1965(オックスフォード近代美術館/イギリス) · 1986年 『反芸術綺談』出版(海鳥社/福岡市) · 1986年 菊畑茂久馬展 月光(東京画廊) · 1986年 前衛芸術の日本1910―1970(ボンピドゥ・センター/パリ) · 1988年 九州派展―反芸術プロジェクト(福岡市美術館) · 1988年 菊畑茂久馬展(北九州市立美術館) · 1989年 『絶筆―いのちの炎』出版(葦書房) · 1989年 福岡市文化賞受賞 · 1993年 『菊畑茂久馬著作集』全4巻刊行開始(海鳥社) · 1994年 SCREAM AGAINST THE SKY: Japanese Avant-Garde after 1945(グッゲンハイム美術館ソーホー/ニューヨーク) · 1996年 福岡県文化賞受賞 · 1997年 西日本文化賞受賞 · 1998年 菊畑茂久馬1983-1998:天へ、海へ(徳島県立近代美術館) · 1998年 福岡美術戦後物語(福岡市美術館) · 2002年 ATTITUDE 2002(熊本市現代美術館) · 2003年 九州力(熊本市現代美術館) · 2003年 『絵かきが語る近代美術』出版(弦書房/福岡市) · 2004年 第3回円空賞受賞 · 2007年 菊畑茂久馬と<物>語るオブジェ(福岡県立美術館) · 2009年 ‘文化’資源としての<炭鉱>展(目黒区美術館/東京) · 2009年 菊畑茂久馬―ドローイング(長崎県美術館) · 2011年 菊畑茂久馬回顧展 戦後/絵画(福岡市美術館・長崎県美術館 同時開催) · 2011年 第53回毎日芸術賞受賞(受賞年月日は2012年1月1日) · 2012年 そら・うみ・かぜ 菊畑茂久馬の絵(福岡市美術館) · 2012-13年 美術にぶるっ!ベストセレクション日本近代美術の100年 第二部 実験場 1950s(東京国立近代美術館) · 2013年 Tokyo 1955–1970: A New Avant-Garde(ニューヨーク近代美術館) · 2015年 菊畑茂久馬展「春の唄」(カイカイキキギャラリー/東京) · 2016年 村上隆のスーパーフラットコレクション ―蕭白、魯山人からキーファーまで―(横浜美術館) 著書[編集] · 『フジタよ眠れ―絵描きと戦争』、葦書房、1978年 · 『天皇の美術』、フィルムアート社、1978年 · 『小さなポケット』(文:菊畑茂久馬、絵:働正)、葦書房、1980年 · 『戦後美術の原質』、葦書房、1982年 · 『焼け跡に海風が吹いていた:僕のはかた絵日記』、葦書房、1984年 · 『反芸術綺談』、海鳥社、1986年(新装版2007年) · 『絶筆 いのちの炎』、葦書房、1989年 · 『菊畑茂久馬著作集』(全4巻)、海鳥社、1993~1994年 · 『絵かきが語る近代美術 高橋由一からフジタまで』、弦書房、2003年
Biography